新型インフルエンザの本格的流行。私たちはどうするべきか?
自分が新型インフルエンザについて知りたい!と思ったこと、対策をわかりやすくまとめました。

インフルエンザ関連の用語集

弱毒性と強毒性

新型インフルエンザH1N1ウイルスは、今のところ「弱毒性」との
判断がなされています。

漢字を見て単純に「毒性が低い」と思ったあなたは要注意です。

弱毒性とは、感染経路が呼吸器に限られている、という意味で
逆に強毒性というのは、全身の細胞で増殖する可能性があることをさします。

このため、弱毒性というと強毒性のウイルスよりは
弱く致死率も高くないという意味で使われています。

しかし、以前と比較すると日本でも多くの死亡例が確認されています。
(2009年10月9日時点で、22例。)
今回のウイルスの初期の患者の致死率は約0.4%というから、
通常の季節性インフルエンザよりははるかに高い数値です。

「新型」のため、免疫を持っている人が少なく、感染速度が速いのが原因のようです。


フェーズとは

テレビでよく聞く「フェーズ5」などという表現がありますが、
フェーズとは端的にいうと段階のことです。

WHOが定めているフェーズレベルには6段階があります。

フェーズ1 ヒト感染のリスクは低い
フェーズ2 新しいウイルスが存在するが、ヒト感染のリスクは少ない
フェーズ3 ヒト感染がないか、あっても限定的(パンデミックアラート)
フェーズ4 ヒト-ヒト感染が増加している証拠がある
フェーズ5 ヒト-ヒト感染が増加している証拠がかなりある
フェーズ6 効率よくヒト-ヒト感染が確立している

ひとつのフェーズから他のフェーズにいつ移るかを含めて、
現時点でのフェーズの指定はWHOの事務局長が行います。


パンデミックとは

感染症の世界的大流行のこと。
(同義語:爆発的感染)

特にインフルエンザ関連の大流行はインフルエンザ・パンデミックと呼ばれ、
これまでにスペインかぜ(1916年)、香港かぜなどがありました。(1968年)

人間が免疫を持たない病原菌に関しては、感染すると爆発的に広がるため、
健康被害だけでなく、社会機能被害も甚大なものがあります。



Page: 1

スポンサードリンク


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0