新型インフルエンザの本格的流行。私たちはどうするべきか?
自分が新型インフルエンザについて知りたい!と思ったこと、対策をわかりやすくまとめました。

アメリカの感染者は500万人強

米国の新型インフルエンザ感染者は500万人超

2009年7月下旬までに、アメリカで新型インフルエンザ(H1N1型)に感染した人は
500万人を超えていることがわかりました。(予想:570万人)

500万人というと、私が今住んでいる都市の10倍以上の人口です。
すごい数ですね・・・
4月から確認された新型インフルエンザへの感染は、その死亡率を6%と公表しており、
これまでの死亡例は1,000件を超えるということです。

アメリカというと日本よりも国土が広く、人口も多いので
一概に「多い!」とびっくりすることはできませんが、
実際に飛行機に乗って移動したり、マスクの習慣があまりないなど、
日本とは異なる生活習慣ですので、予防が不十分だったといえるかもしれません。

今後、アメリカにわたる予定の人は、
多くの人が感染していることを懸念しながら注意して渡航する必要がありそうですね。



Page: 1

スポンサードリンク


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0