新型インフルエンザの本格的流行。私たちはどうするべきか?
自分が新型インフルエンザについて知りたい!と思ったこと、対策をわかりやすくまとめました。

新型インフルエンザ関連ニュース

新型インフルエンザが、メキシコで誕生したとの見方

 世界保健機関(WHOは5月6日、今回の新型ウイルスについて、
メキシコで誕生し、数カ月で世界中に広がったとの見方を示した。
病原性は強くなく、通常のインフルエンザ程度という。

 同センター長によると、インフルエンザウイルスは変異しやすいが、
今回各地で分離されている20~30のウイルス株は遺伝子がほとんど一致しているという。
「起源が同一だということ。それほど古く出現したものでなく、
数カ月前にできたウイルスが一気に広がったと考えられる」と述べ、
感染の広がり方などから「おそらくメキシコで生まれた」とした。

 ウイルスそのものは「強い病原性を示す変異は起きておらず、
典型的な弱毒型。強毒型に変わることはないと言っていい」と指摘。
ただし、過去の弱毒型の新型インフルエンザの例から、
最初は流行規模が小さくても第2派以降に病原性を増して大流行する可能性もあり、
「どのようになっていくかは予測は難しい」とした。


(2009年5月3日 時事ドットコムより)


新型インフルエンザに「弱毒性」との発表

現在蔓延している 新型インフルエンザは鳥インフルエンザと比較して
感染しても軽症ですむ「弱毒性」と判断されているようです。


東北大の押谷仁教授(ウイルス学)も、
「感染者の症状から、H5N1型に比べて、毒性ははるかに弱いと考えられる。
国内で流行しても感染者が重症で死亡する割合は低いのではないか」と指摘する。

(2009年4月30日 YOMIURI ONLINEから)

しかし、ほとんどの人が免疫を持っていないため、感染拡大は懸念されています。
感染が気が付かないうちに広がっていくと、急速な流行になりかねません。
またインフルエンザウイルスは変異を繰り返すため、弱毒性のままで今後も
進むとは思えない部分もあります。

今後も注意する必要がありそうです。



Page: <<前の10件  1 < 2 < 3

スポンサードリンク


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0