新型インフルエンザの本格的流行。私たちはどうするべきか?
自分が新型インフルエンザについて知りたい!と思ったこと、対策をわかりやすくまとめました。

新型と季節性、一緒にかかる?

季節性インフルと新型インフル、一緒にかかると・・・

人に感染すると致死率6割以上という強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)が
人の季節性ウイルスと混ざり合うと、さらに強毒化する恐れのあることを
東京大医科学研究所の河岡義裕教授(ウイルス学)と米などの
研究チームが明らかにしました。

2月23日付の米科学アカデミー紀要(電子版)に掲載されます。


H5N1型ウイルスと季節性(H3N2型)ウイルスを使い、
遺伝子のすべての組み合わせ(254通り)の作成を試みた結果です。
研究では75種のウイルスを調べたとのことです。


その結果、季節性インフルエンザの遺伝子の一つで
増殖の働きを担う「PB2」を持つ22種で、
それぞれのウイルスを感染させた4匹すべてが
6~12日間で死んだという結果がでました。

その他はH5N1型と同程度(12日後に致死率50%)か、
より弱い毒性だったということです。

つまり、併発すると、高い確率で死亡することがわかったとのこと。
併発しない保証はどこにもありません。
インフルエンザの流行する季節には、両方のインフルエンザを警戒しないと
いけないですね。



Page: 1

スポンサードリンク


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0