新型インフルエンザの本格的流行。私たちはどうするべきか?
自分が新型インフルエンザについて知りたい!と思ったこと、対策をわかりやすくまとめました。

加湿器を正しく選べますか?

加湿器は、どのような条件で使うと良いの?

加湿器は、湿度を高めるために使う器具です。
冬になると空気が乾燥する地方、またエアコンなどを使って乾燥する部屋に使います。
※ちなみに、私が住む北陸では冬に加湿器などは使いません。
雨や雪が降って、湿度は十分すぎるくらいですから・・・

湿度が低すぎると、乾燥するため冬に流行する風邪やインフルエンザのウイルスが
活発に動く環境を作ってしまうことになります。


加湿器の機能が増えてきた!


最近は単純に加湿だけでなく、「空気清浄機」などの機能が一緒になった
器具が増えています。
1台で兼用することで、省スペース・家計コストの軽減などの効果が期待出来ます。

各社でさまざまな機種が発売されており、
単に加湿器とは呼ばない場合もあり、メーカーによっては呼び名が違うようです。

自分に適した加湿器の種類はどれ?

やかんと同じ理論の加湿器 やかんと同じ原理のヒーターで水を加熱し、沸騰させて蒸気に変える方式が1つ。
白い蒸気が勢いよくでるので、加湿器としても実感がわくタイプです。
イメージもしやすいですね。

ただし、短時間ですぐ湿度は高まりますが、長時間使いすぎると
蒸気がモロに出ているので、吹きだし口が熱くなったり、
蒸気口に水垢がたまったりします。(つまり、掃除が必要。)

もう1つは、ハイブリット式(加熱気化式)といって、
湿度が低いときと高いときで、加湿方法を変えるかしこい加湿器です。
省エネではありますが、加湿フィルターを使うために
その交換または手入れが必要に。

超音波タイプの加湿器は、加湿装置がコンパクトで省スペースには最適。
デザイン家電でもよくあるタイプですが、
タンク内の水を衛生的に保たないと、吹きだす蒸気に雑菌が混ざりやすいのが
玉にキズです。


加湿器は、メンテとコストの両立は難しい・・・?


加湿方式により電気代が異なります。
購入時は、必ず消費電力量を確認するようにし、自分のライフスタイルに合わせて、
コストを考えましょう。(1日中家にいるのか?それとも、決まった時間だけ使うのか?)

加湿器は水を入れて使うものなので、必ずメンテナンス性も考慮しましょう。
・本体の移動は、簡単なのか?(重さなど)
・タンクはいつも清潔にできるか?(掃除のしやすさなど)
・水は入れやすくなっているか?(毎日の動作のしやすさなど)
・タンクと本体ははずしやすいか?(取り付け、取り外しのしやすさなど)


加湿器は、安い買い物ではありません。
少しでも、自分の使いやすいタイプを選びたいものですね。

スポンサードリンク



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0