新型インフルエンザの本格的流行。私たちはどうするべきか?
自分が新型インフルエンザについて知りたい!と思ったこと、対策をわかりやすくまとめました。

新型インフルワクチン、重大懸念はないというが

新型インフルエンザのワクチン接種による副作用について、
厚生労働省の専門家検討会が21日開かれ、
季節性ワクチンと安全性に大差はなく、現時点で重大な懸念はないとの結論をまとめました。

しかし、先日、カナダの保健省は、
大手製薬会社GSK(グラクソ・スミスクライン社)が製造した
新型インフルエンザのワクチンの一部について、
重い副作用の報告があったとして、22日までに使用の中止を決定したと発表しました。

カナダの製薬会社GSKのワクチンを回収
このGSKのワクチンは、現在日本でも輸入のための承認手続きが始まっているとのこと。

現在この新型インフルエンザのワクチンによる深刻な副作用は
6件が報告されており、カナダ保健省は、
GSK社製の特定のロット(製造番号)を持つ17万回分のワクチンの使用中止を決定したというものです。

スポンサードリンク


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0