新型インフルエンザの本格的流行。私たちはどうするべきか?
自分が新型インフルエンザについて知りたい!と思ったこと、対策をわかりやすくまとめました。

新型ワクチン接種の方向性が決まる

新型インフルエンザ用ワクチンの接種回数について、
厚生労働省は20日、20代~50代の健康な医療従事者について、
1回接種とする方針を決めました。


1歳~13歳未満の子どもは2回接種としました。


妊婦や持病のある人など、他の優先接種対象者については、
2回接種を原則とするが、現在行われている臨床試験の結果などを踏まえて、
1回でもいいかどうか判断するとしています。

新型インフルエンザのワクチンをめぐっては、
16日にあった専門家による意見交換会で、
優先接種対象者のうち13歳以上は原則1回にするの方向性で一致しました。

だが、19日にあった別の会合では、妊婦や持病のある人も1回とすることについて、
「科学的データがなく決定は拙速」との異論が出たため、再検討していました。


(2009年10月20日 yahoo!ニュースより)

スポンサードリンク


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0