新型インフルエンザの本格的流行。私たちはどうするべきか?
自分が新型インフルエンザについて知りたい!と思ったこと、対策をわかりやすくまとめました。

弱毒性と強毒性

新型インフルエンザH1N1ウイルスは、今のところ「弱毒性」との
判断がなされています。

漢字を見て単純に「毒性が低い」と思ったあなたは要注意です。

弱毒性とは、感染経路が呼吸器に限られている、という意味で
逆に強毒性というのは、全身の細胞で増殖する可能性があることをさします。

このため、弱毒性というと強毒性のウイルスよりは
弱く致死率も高くないという意味で使われています。

しかし、以前と比較すると日本でも多くの死亡例が確認されています。
(2009年10月9日時点で、22例。)
今回のウイルスの初期の患者の致死率は約0.4%というから、
通常の季節性インフルエンザよりははるかに高い数値です。

「新型」のため、免疫を持っている人が少なく、感染速度が速いのが原因のようです。

スポンサードリンク


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0